このエントリーをはてなブックマークに追加 短縮URL

ドラゴンクエストウォークの収益分配についてのシミュレーション

この記事はインターネット上の参考データから雰囲気で計算しており実態とかけ離れている可能性があります。個人の妄想による読み物としてお楽しみください。

各社の役割 (妄想)

役務スクエニコロプラ備考
パブリッシング
権利管理商標、特許、楽曲など
素材作成
監修
企画立案共同
開発運営
テスト・保守
インフラ ※1サーバー/GoogleMap
プロモーション
カスタマーサポート1次受

※1 静的画像設置サーバーがコロプラ所有ドメインである事から推測

前提条件

分配比率など考慮する上での関連要素

月次売上

DQウォーク9月売上予測

87.41億(18日分)

コロプラ開発人員

コロプラ全体の開発人員は684名(1年前)

colopl.png

現在DQウォークを含め月商1億を超えと予測できるアプリは6作品。

6チームに人員を等分した場合の人数を開発人員として設定。

開発人員 114人

内訳イメージ
ディレクター
/プランナー
16
エンジニア45
デザイナー50
シナリオライター2
サウンド1

デザイナー比率が少ないがスクエニからの素材提供があると推測。

スクエニ開発人員

開発の主体はコロプラのため規模は少数と想定。

素材提供のため一定数の人員は必要なのでコロプラの50%を人員として設定。

開発人員 57人

内訳イメージ
プロデューサー
プランナー
8
デザイナー46
シナリオライター2
サウンド1

監修や素材提供のためシナリオライター、サウンドも設定。

コストイメージ(妄想)

両社1人100万円/月にて設定

月間利用者500万人として12.2円/人

3,700万円(18日分)

※AmebaTVのサーバー事例

Places - Nearby Search(近隣検索 1000リクエスト$25.60)

月間利用者500万人が1日3回(朝昼夜)

7.42億円(18日分)

※ディスカウントがある&日々の利用者は変動するため最大想定としての参考値

※1ドル=107.4円

各社コストまとめ

スクエニ側コスト

PF手数料(売上30%)26.22億
プロモーション(売上10%)8.74億
人件費(57人)0.57億
コスト合計35.53億

コロプラ側コスト

人件費(114人)1.14億
インフラ費用0.37億
GoogleMap費用7.42億
コスト合計8.93億

分配比率と収益比率シミュレーション

分配比率(妄想)

分配比率はスクエニのグロス売上からコロプラに対する比率

分配比率10%15%20%30%35%
スクエニ
取分
78.71億74.31億69.91億61.21億56.81億
 コスト35.53億35.53億35.53億35.53億35.53億
 収支43.18億38.78億34.38億25.68億21.28億
コロプラ
取分
8.7億13.1億17.5億26.2億30.6億
 コスト8.93億8.93億8.93億8.93億8.93億
 収支-0.23億4.17億8.57億17.27億21.67億

収益比率(妄想)

分配比率はスクエニのグロス売上からコロプラに対する比率

分配比率10%15%20%30%35%
スクエニ101%90%80%60%50%
コロプラ-1%10%20%40%50%

結果及び考察

以上のシミュレーションにより

権利元であるスクエニとコロプラの立ち位置を慮すると15%~30%が妥当と考えられる。

留意すべきコスト

コストの中で大きな割合を占めるものとしてはGoogleMapの支払をいずれが受け持つかが大きい。

本文中では7.3億(18日分)としているこの金額はシミュレーションの設定では売上の一割近くを占める。

位置ゲーを運営する上での基本機能であるが広告費用並みに負担が大きい。

費用をコロプラが負担している場合は高い分配比率が設定されると推測できる。

また、コロプラの位置情報に関する特許や技術的な工夫(キャッシュ化や中間サーバー)によってこのコストが大幅に短縮される事があり得る。

注意事項

このページの内容は全て推測に基づく妄想であり企業からの発表内容ではありません。

記載の内容によるトラブルは一切責任を持ちません。

転載についても誤解を招かないようご自身の責任で行ってください。

関連記事


【このページのURL】

このページのURL