このエントリーをはてなブックマークに追加 短縮URL

ヒプノシスマイク(ヒプマイ)の凄さとゲーム化について

ゲームアプリ『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』の開発に、株式会社オルトプラスとアイディアファクトリー株式会社の参画が決まり話題になっています。

このページではヒプマイを全く知らなかった管理人が投資価値を検討するため「ヒプノシスマイク」の凄さゲーム化成功の可能性についてまとめています。

スポンサーリンク

ヒプノシスマイクとは

男性声優12人でスタートした本格派HIPHOPラッププロジェクト。

キーワードは
不良×ラップバトル×キャラクター

池袋や渋谷、横浜、大阪、名古屋などの地域に属する個性的な3人がチームを組み、人の精神に干渉する力を持つ「ヒプノシスマイク」を通じてラップで戦い覇権を争うストーリー。

プロジェクトの始動は2017年9月2日
公式サイトはこちら

ヒプマイが加速し始めた日

2018年4月27日に第2弾アンセムソング「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」が公開。YouTubeの公式チャンネルにも動画投稿され徐々に注目を集める。

動画の再生数は現在【3000万再生】

当時はまだヒプマイの期間限定ショップには「びっくりするほど人がいない」状態だったとか。

カラオケで8万円のシャンパンタワー

2018年5月に「カラオケの鉄人」と驚愕のコラボを実施。

職業ホストのキャラ曲をモチーフにした
「煌めく夜空とシャンパンタワー」

ドンペリ3本を使ったSSコースの価格はなんと81,000円(税込)

Twitter上でも大いにバズり、これまでのホストキャラと格の違いを見せつけた。

もちろん場所は新宿歌舞伎町店

この圧倒的なご当地戦略で瞬く間に女性のコミュニティで作品の内容も拡散されファンが爆発的に増えていったとか。

ラップバトル「韻踏(いんふみ)闘技」

ヒプマイキャラ達のチームが歌うCDには投票券が封入されている。投票券が封入されている。(大事な事なので)

リアルに展開される彼らのラップバトルとはつまり・・・

ファンのCD購入による売上対決!

AKB総選挙をイメージすると分かりやすい。今後の展開を左右するファンと一体となり盛り上がる運営スタイル。

2018年末にはオリコン1位も達成し日を追うごとに注目も高まる中、今年は紅白出場も噂されている。

スポンサーリンク

作品関連データ

作品の実績と見込みユーザー数

最新アルバムCD(2019年04月24日)発売

オリコン週間ランキング
2位(146,505枚)

1位はKis-My-Ft2、3位にTWICE、8位にEXILE ATSUSHIなどそうそうたるメンツが並ぶ中での堂々の2位

出典 Real Sound

Twitterアカウント

ヒプノシスマイク-D.R.B-公式(ヒプマイ)

55.1万(2019年10月04日時点)

【参考フォロワー数】

YouTubeチャンネル

Channelヒプノシスマイク

57.3万人(2019年10月04日時点)

【参考チャンネル登録者数】

えっ・・・凄い

スポンサーリンク

オルトプラスによるゲーム化成功の可能性

ゲーム化への適応力

世界観やキャラの設定は自由度が高くストーリー展開の幅を持たせやすい。

「ラップバトル」がテーマの作品なのでバトルや育成などゲームとしての土台が既に整っている。

ヒプノシスマイクの機能も「様々な状態にする力」という設定のみのため制約が少なく多彩な演出やチート能力が実現可能。

キャラクターデザインは女性向け人気ゲームを長年手掛けているオトメイトが行なっているだけに非常にレベルが高い。

プロモーション

現段階で数十万人規模のファンを確保しており、ツイッターのフォロワー数としては女性向けアプリトップのA3!(3758 アエリア)にも引けを取らない。

YouTubeチャンネルにおいては57.3万人とアイドル並みの登録者数を抱えEXILE TRIBEのHiGH&LOWを大きく越えている。スマホアプリでこれだけ強烈なバックボーンはなかなか無い。

注目度やプロモーションにおいては他の女性向け作品に対しても十分な優位性があると判断出来る。

開発力/運営力

オルトプラス社のは開発力及び運営力については判断が難しい。

バンダイナムコと組んでいる女性向けゲームアプリアイドルマスター SideMは売上も高い水準で運営されている。

一方で集英社と組んで2018年に配信されたシンエンレジストは、初月平均順位332位と振るわず3ヶ月でサービスを終了している。

まとめ

制作チームのパフォーマンスにも寄るが、話題性や知名度、Twitterのフォロワー数としては前述の通り、上記2タイトルとは桁が違っており集客力で初動売り上げはある程度期待できる。

ゲームシステムがファンの期待するものとマッチすれば、女性向けアプリのトップを目指せるパワーが作品にはある。

女性向け関連アプリ売上集計

実際の楽曲や映像(YouTube)

ここまでの話知ってました?私知らなかった!百聞は一見にしかず!

ヒプノシスマイク Division All Stars 「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-」

メインテーマ的な楽曲だと思いますが、歌詞が面白くそれだけでも聞く価値があるようにも思います。

ラップもヒップホップとして本格的な印象があり関係者の本気度合いが伝わって来ます。

ヒプノシスマイク Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-+」

ラップに乗せた動画の中でキャラ設定が流れます。

職種やプロフィールなどそれぞれに個性と魅力があるキャラクターデザインがされている事がよく分かります。

関係者

各種設定や情報

Wikipediaがテキストでまとまってるので興味あればこちら。


【このページのURL】

このページのURL