このエントリーをはてなブックマークに追加 短縮URL

このアプリの売上って良いの悪いの??

月間売上を見ても金額が大きすぎてピンと来ない方のために解説します!

月間売上と利益(粗利)のイメージ

順位売上コスト利益
10位↑20億10.5億9.5億
20位↑10億5.5億4.5億
50位↑3億1.65億1.35億
100位↑2億1.2億0.8億
200位↑1億0.65億0.35億
400位↑0.5億0.43億0.08億

順位別に大雑把な数字を入れてみました。利益の金額が大きいほど儲かってます!

400位のゲームで月5000万円の売上

利益は800万円。小さい会社であれば十分な収益になり順調な運営もできます。

一方、大手企業だと制作費用や広告宣伝費でコストが掛かり赤字になる事もあります。

どんぶり計算用のコスト合計

月間コストの内訳はこんな感じです。

PF手数料売上の30%
広告宣伝費売上の10%
制作費用2000万~1.5億
サーバー等売上の5%

運営スタッフの人数はだいたい10人ぐらいのチームから200人を超えるチームまであるようです。

大規模なアプリほど多くの人が関わり素材のボリュームも盛り盛りで制作費が大きくなります。

小さいゲームアプリと思っていても毎月1000万円以上のお金が掛かってたりします。

セルラン順位別のイメージ

順位毎の立ち位置や運営サービスの継続について解説!

10位以内のアプリ

100x100bb.jpg100x100bb.jpg100x100bb.jpg100x100bb.jpg

国内トップを狙える覇権アプリ

長らく固定化していた『FGO』『モンスト』『パズドラ』の三つ巴に『ドラクエウォーク』が参戦。

虎視眈々とトップを狙う刺客『荒野行動』も侮れない!

ネット広告もテレビCMも定期的に流れ、アニメ化や家庭用ゲーム化など作品の幅が広がり続ける。

20位以内のアプリ

100x100bb.jpg100x100bb.jpg100x100bb.jpg100x100bb.jpg

圧倒的強さを持つ定番アプリ

野球、マンガ、LINEなど特定ジャンルで常用ユーザーが多く安定。

競合アプリに付け入られる隙はほとんど無い強豪。

時期に応じた広告をSNSで常に展開しユーザーの生活に入り込んでいる。

50位以内のアプリ

100x100bb.jpg100x100bb.jpg100x100bb.jpg100x100bb.jpg

個性豊かにストアを彩る人気アプリ

中小規模のゲームメーカーでは会社の顔。

運営スタイルが確立されておりファンを楽しませる事に注力できる。

ライブや独自のイベントが開催されるなどゲーム以外でも作品の盛り上がっていく。

100位以内のアプリ

100x100bb.jpg100x100bb.jpg100x100bb.jpg100x100bb.jpg

堂々と自称できる有名アプリ

群雄割拠しており運営をしくじると100位以下に転落する。

サービス継続については問題なく見通しは明るい!

ネット上では十分な認知度がある状態。テレビCMを利用して新規ユーザーの獲得を狙う。

200位以内のアプリ

100x100bb.jpg100x100bb.jpg100x100bb.jpg100x100bb.jpg

称号を授けられた億越えアプリ

新規アプリが最初に目標とするラインでもある。

将来性は期待できサービス終了を心配する事はまず無い。

ゲーム内容を充実させつつネット広告を掲載している。SNSやWEBサイトでよく見かける。

400位以内のアプリ

100x100bb.jpg100x100bb.jpg100x100bb.jpg100x100bb.jpg

独自路線でやれる個性派アプリ

ニッチでも運営コストが控えめなら勝ち組!

大手企業の場合は立て直し足切りが迫られる・・・。

大規模アップデートや新規コンテンツの追加を計画し既存ユーザー中心に盛り上げを狙う。

400位よりも下のゲームアプリ

運営が頭を悩ませる跳ね馬アプリ

どうすればお金を使ってもらえるか?続けて貰えるか?会議が尽きない。

売上が運営コストを下回るとアプリ運営を継続できなくなる。

小規模な会社では予算の範囲で運営を継続。大手企業は根本的な改修の計画をはじめる。

好きなゲームがあるならば

ゲームアプリはファンがお金を使ってこそ成り立ちます。

でも、ファンとして出来る事は課金が全てではありません。

好きなゲームアプリがあるならば、一緒に運営を盛り上げるのも楽しいのではないでしょうか!!

お役に立てたらこの記事をSNSでシェアして頂けると嬉しいです。


【このページのURL】

このページのURL